タッチパネル式

基本的にレジスターはキーを打ち、会計を行う機械です。
しかしカシオでは最近、画面上で操作をすることが可能になったものも存在します。
それがタッチパネル式のレジスターです。
タッチパネル式の良い所は、画面上にわかりやすく表示されるために、操作が行い易い点にあります。
大きく画像も一緒に表示することもあるため、簡単に操作することができます。
飲食店の場合、料理の画像も一緒に乗せることで、すぐに会計を行う料理の判断を行うことができるので、忙しい時間帯でもスムーズにレジ会計を行うことができます。
カシオのタッチパネル式のものは、インターネットに繋ぐことによって、更にスムーズに経営を管理することも可能です。

カシオのタッチパネル式レジスターは飲食店で特に効果を発揮します。
カシオのタッチパネル式のものは、他のレジ付属品と一緒に利用することによって、料理のオーダーから、会計までをスムーズに行うことができます。
オーダーエントリーシステムを採用することによって、お客様が注文した内容を、スムーズに厨房に伝えることができます。
厨房とホールの連携が上手くとれることによって、お客様に早く料理の提供を行うことができます。
他にも、電子決済端末を利用することによって、カードを使っての会計を楽に行うことができます。
会計を早く済ませたいお客様はカードで支払いを行いたいことも多いです。
その際にカードで支払いを行えない場合には、お客様にストレスを与えてしまうことになります。
カシオではレジスター以外の付属品も取り扱いを行っています。
このような付属品も一緒に利用することによって、更に飲食店でのレジ業務が行い易くなるのです。